チューンナップサービス

フルチューンナップサービスの流れ

作業工程について

STEP.1 事前チェック

チューンナップ前に修理工程が必要なキズがないか等のチェックをします。

この時点でチューンナップ工程内で修理ができないと判断したものについては別途お見積もりの上、担当者よりご連絡させていただきます。

STEP.1   事前チェック イメージ

STEP.2 粗削り

滑走面についている浅い傷を粗めのサンディングで消し、新しい滑走面を露出させます。

STEP.2   粗削り イメージ

STEP.3 クリーニング

滑走面に入り込んだ古いワックスや汚れをクリーナーを使って除去します。
また、ひどい錆もあらかじめ落としておきます。

STEP.3   クリーニング イメージ<空>

STEP.4 ソールリペア

滑走面のキズは滑走時の大きな抵抗になり、板が滑らない大きな原因のひとつとなっています。
専用のリペア剤を使ってキズを埋め抵抗の少ない滑走面を復活させます。

STEP.4   ソールリペア イメージ

STEP.5 サンディング

滑ケバだった滑走面では高い滑走性は期待できません。
細目のサンディングで滑走面をツルツルに仕上げ良く滑る滑走面に仕上げます。

STEP.5   サンディング イメージ

STEP.6 エッジ研磨

錆び付いていたり角が丸くなたエッジではしっかりとしたコントロールができません。角の立ったエッジを作り操作性を高めます。

STEP.6   エッジ研磨 イメージ

STEP.7 ストラクチャー加工

滑走面と雪面の間の水分調節の役割を持つストラクチャーと呼ばれる規則的な溝を刻み込み、より滑走性の高い状態に仕上げます。

STEP.7   ストラクチャー加工 イメージ

STEP.8 バフがけ

ノーズとテールについた金属ケバや残っている錆を除去します。ダリングとしての効果もあります。

STEP.8   バフがけ イメージ

STEP.9 最終チェック

滑走面の仕上がり具合を最終チェックします。ここで欠点が見つかると必要な工程まで戻り作業をやり直します。

STEP.9   最終チェック イメージ

STEP.10 ワクシング

アイロンを使用してワックスをしっかりと浸透させます。
このときワックスはノンフッ素のものを使用いたしますので、ご自身でワクシングされる場合は良い下地としてもご利用いただけます。
また、長期保管をお考えの場合はこの時点で作業工程を終了することで滑走面の酸化を防止できます。 お申し込み時にスクレーピングの有無を選択してください。(使用時にはワックスを削る必要があります)

STEP.10   ワクシング イメージ

STEP.11 最終仕上げ
(スクレーピング・ブラッシング)

ワクシング後室温まで冷え固まったところで、余分なワックスを削り取りブラッシングでさらに細かいワックスの粉も取り除きます。 そのままゲレンデでご使用いただけます。

STEP.11   最終仕上げ(スクレーピング・ブラッシング) イメージ

作業完了後の発送について

作業完了後の発送は全て袋やエアーパッキンでの発送となります。

  • 荷姿1

    スキー板のみ梱包の場合(スキーケース無)

  • 荷姿2

    スキーケース有りの場合

  • 荷姿3

    スノーボードのみ梱包の場合(スノーボードケース無)

  • 荷姿4

    スノーボードケース有りの場合

チューンナップサービスに申込む!

チューンナップindex

SNSで最新情報を配信中!